「問題解決」「目標達成」「トランジション」まで人生に変化をもたらす黒岩式コーチング。クライアント1300名以上の実績と、米国CTI認定資格に裏づけられた実力。

コーチングの基礎知識

コーチングとは

「コーチ」とは馬車を意味し、馬車が人を安全に確実に目的地に運ぶところから、「コーチングを受ける人(クライアント)を目標達成に導く人」をコーチと呼ぶようになりました。

パフォーマンスの向上・能力開発のための技法のひとつ。「コーチ」とは馬車を意味し、馬車が人を安全に確実に目的地に運ぶところから、「コーチングを受ける人(クライアント)を目標達成に導く人」をコーチと呼ぶようになりました。

現在、コーチングには、カウンセリングやNLP・セラピーなどを応用し体系化したさまざまな種類があります。
コーチングオフィスエンパワーがお伝えするコーチングは、目標達成だけにこだわらずに、人が幸せになるために、本当の意味で人生に喜びや意義をもたらすものは何なのか?自分は本来どんなギフトをもった人間なのか?に目覚めながら、人生に継続的な変化が生まれるようサポートしています。

  • コーチングと人生相談の相違
    コーチングは、一般的な人生相談やカウンセリングとは違います。話を聴いてもらい心を軽くするのではなく、また問題解決のための応急処置でもなく、クライアントの生き方(習慣)そのものを変えるための機会です。

コーチングの構造

コーチングの目的。心から望むゴール(ビジョン、目標)を鮮明に具体的に描き、実現するために、本人の納得する『あり方』と『やり方』で現実の世界に変化を起こし続け、行動と学習を促進する。

心から望むゴール(ビジョン、目標)を鮮明に具体的に描き、実現するために、本人の納得する『あり方』と『やり方』で現実の世界に変化を起こし続け、行動と学習を促進する。

  • ゴール設定について
    しなければならないこと、あるべき姿ではなく、心が喜び人生に意義をもたらすものであれば何でもいいです。
    例えば、来年のお正月は家族とハワイで過ごす!と言うゴールを例にしてみましょう。
  • 本人の納得するやり方
    来年のお正月は家族とハワイで過ごす!と言うゴールを達成するための方法は無限にあります。コーチと一緒に、達成するプロセスと方法を考えます。介護している親はどうするのか?お金をどう創り出すのか?どうしたいのか?はクライアントが納得するものを選んでもらいます。
  • 行動と学習

コーチングの進め方

コーチングは、1回あたり40〜60分の対面又は電話によるセッションを月2回〜3回の頻度で受けることができます。コーチングを受ける目的・テーマに沿って継続期間(コーチによって様々です)を設定し、期間内に成果が得られるようベストを尽くします。最初に設定した期間が修了した場合は、継続が可能です。

}}***&size(18){&color(white,red){''コーチの役割''};}; [#fae730ee] - 対等なパートナー コーチは先生ではありません。ですから、クライアントを生徒として見ることもしません。あくまでも対等なパートナーとして、クライアントが望むことに耳を傾け、『力を合わせて一緒に創っていく』と言う関係を大事にしています。 ''「人はもともと完全な存在あり、自ら答えを見つける力を持っている。」'' という確信から、クライアントが自分の内側の声を聴き、答えを発見するための場を創りながら、コーチングという協同的なコミュニケーションを通して、自ら判断し、行動と学習を繰り返しながらゴールを見続け達成できるようナビゲートします。 -コーチの関わりについて コーチはクライアントの話したいテーマに沿って、コーチングをスタートしていきます。クライアントの話していること感じていることに好奇心を向けて、質問をなげます。返ってきた答えを深められるように関わります。 質問の他には、話しているクライアントさんが自分でも気づいていない、表情や声のトーン、エネルギーの変化などをそのまま言葉で伝えもします。 *クライアントの役割 -コーチングを受ける目的を明確にする 何のためにコーチングを受けるのか?これが明確であると毎回のコーチングセッションと日常での行動が意味あるものになります。 -コーチングセッションについて コーチングの時間で話したいテーマは、毎回クライアントが決めます。 そのテーマを明確に、又は掘り下げるために、コーチに教えてもらおう!と言う意識ではなく、コーチの質問によって自分の内側にある答えに耳を傾けます。今回のテーマについて、何を感じているのか?本当はどう思っているのか?と、ある意味自分だけの世界にどっぷりと入るのです。 コーチングを受け始めた時には、コーチの質問や情報に従っていくと思いますが、慣れてくると、コーチにもリクエストが出てくるはずです。そんな時は、リクエストを投げてみましょう。コーチは、コーチングに逸脱しない範囲で、100%採用します。このように、コーチは先生ではありませんから、コーチングに慣れてくるにしたがって、コーチを活用すると、望む成果が早く得られます。 *コーチをつける(コーチングを受ける)期待効果 ✓判断力、決断力、行動力が養われる。 ✓感性が研ぎ澄まされ、適切な判断と選択ができる。 ✓問題解決思考型から、自己実現思考型への習慣になる。 ✓セルフモチベーション能力が向上する。 ✓結果や出来事から学習する能力が向上する。 ✓コーチングを受ける体験を通して、コミュニケーション能力も改善される。 ✓定期的に、自分でも気づいていない深い意識に気づくことができる。 ✓いかなる状況においても、自分軸から行動ができる。 ✓行動へのブレーキとなっているメンタルブロックを外すことができる。 ✓ビジョンや夢を追いかけるのではなく、引き寄ってくる。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional